« nissan consult | トップページ | ゆびとま »

2007年2月19日 (月)

FM-V K5/80WLTの電解コンデンサ交換

P1010077_1昨年復活させたFM-V K5/80WLTについて記録として残しておきます。


背面のカバーはネジを外して8箇所ぐらいのツメで固定されているので注意して取り外します。

カバーを外した状態が左の写真

青い電解コンデンサが一時期不良コンデンサとして話題となったメーカーのもので、頭が茶色くなっているものは破裂したものです。

電解コンデンサは耐圧オーバーしたりするとこうなります。逆に破裂したときに爆発しないように頭に切れ目状の弁があります。(小容量だったりすると弁はないこともある)

製品設計をやっていた時にはこのようなことがないように耐圧チェックなどをやっていたんですが・・・特にこの手の低インピーダンス品になるとリップル電流をオシロスコープで写真にとったり、製品寿命時期までコンデンサがもつかなどやってたんですけど。

電圧と周囲温度によって電解コンデンサの寿命は大きく左右されるのは常識です。

P1010087で、一番の熱源付近、CPUファン横は見事に破裂したり破裂寸前で頭が膨らんでいます。

コンデンサメーカーの設計不良なのか製造不良なのかは知らないけれど、この機種はちょっと調べればこの不良がでてくるので明らかに製品としては問題ありですね

P1010103交換後です。

アルミ電解コンデンサ(NIPPON CHEMI-CON)高周波平滑用低インピーダンス品 KZEシリーズ
1500uF/6.3v : \105 10ケ \630
1000uF/6.3v : \84 10ケ \525

購入はサトー電気の横浜店。うちからは車で15分くらいです。
通販もやってます。

交換前はOS(Windows ME / Windows Vista RC1 / Knoppix)が起動できずに再起動を繰り返していましたが、交換後は問題なく起動できました。
実験的にWindows XP Homeのアップグレード版をWindows Meにインストールしてみましたが、問題なくインストールができました。BIOSはアップデートしていませんが、XPがインストールできることが確認できたのでMeからXPにアップグレードしたほうがいいかもしれないですね。

« nissan consult | トップページ | ゆびとま »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/13977562

この記事へのトラックバック一覧です: FM-V K5/80WLTの電解コンデンサ交換:

« nissan consult | トップページ | ゆびとま »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ