« WiMAXで書き込み | トップページ | カシオ、24-300mmレンズ搭載の“HDRアート”機「EXILIM EX-ZR100」 - デジカメWatch »

2011年2月 4日 (金)

Remote Notification Add-In をいれてみた

リンク: Notification について。。 « 鳩の谷の街へ ようこそ.

WimAX が使えるようになったので、Data Vault のリモートアクセスを有効にしてみた。
Windows Home Server コンソールの設定からリモートアクセスを選択し、リモートアクセスを有効にしてちょちょちょいと設定したら簡単にできた。ルーターの設定もする必要がなかった。

昔自宅サーバーを立てたときは、使わなくなったVAIO 505にサーバーアプリ入れて、本を見ながら各種設定をしていったんだけど結構大変だった。
今も玄箱に仕込んではいるんだけどルーターでポートを開いていないのでアクセスできない状態。

外からアクセスできるようにしたので、岡部さんの情報をみて Remote Notification Add-In を入れてみた。
クライアントPCで RemoteNotification.zip をダウンロードして、解凍した RemoteNotification.msi ファイルを WHS の共有フォルダの ソフトウェア/Add-Ins にコピーし、Windows Home Server コンソールの設定からアドインを選択し、使用可能タブの中からインストールをしてコンソールを再起動して完了。

設定はWindows Home Server コンソールの設定に追加された Remote Notification で行います。
Service を Enable にし、送信元メールの名前とメールアドレスと送り先のメールアドレスを入力。
メールサーバーの設定をして Send Test Notification をクリックするとテストメールが送られます。
自分の場合は問題なく一発で送信できたのですが、送信元は適当にでっちあげたメールアドレスでも問題なく送信されました(^ ^;)
単純に自分の正規のメールアドレスだとケータイで設定してある自動振り分けが有効になるので、振り分け先をかえたくて勝手なアドレスを入力してテスト送信したら問題なく送ることができてしまっただけです。
まぁ自分宛に送るので偽装メールアドレスでも問題なし;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

リモートアクセスを失敗させてケータイにエラーメールが届くことを確認したけど、不正アクセスでアタックされたらとんでもないことになるな(汗)

その他にも RemoteAlert WebLogs もインストールしてみました。

今回インストールしたバージョンは下記の通り
Remote Notification 1.0.0.47
Remote Alert 1.4.1
Web Logs 1.0.6.1

« WiMAXで書き込み | トップページ | カシオ、24-300mmレンズ搭載の“HDRアート”機「EXILIM EX-ZR100」 - デジカメWatch »

HP X510 Data Vault」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/50770079

この記事へのトラックバック一覧です: Remote Notification Add-In をいれてみた:

« WiMAXで書き込み | トップページ | カシオ、24-300mmレンズ搭載の“HDRアート”機「EXILIM EX-ZR100」 - デジカメWatch »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ