« 富士急ハイランドに新しいコースター「高飛車」 | トップページ | 圧倒的じゃないか ユニコーンガンダムは »

2011年5月15日 (日)

神尾寿のMobile+Views:「開発サイクルは半分」――ドコモ伊倉氏に聞くスマートフォン時代の“パラダイムシフト”戦略(前編) (1/3) - ITmedia プロフェッショナル モバイル

リンク: 神尾寿のMobile+Views:「開発サイクルは半分」――ドコモ伊倉氏に聞くスマートフォン時代の“パラダイムシフト”戦略(前編) (1/3) - ITmedia プロフェッショナル モバイル.

メーカーさんにもよりますけど、OSがリリースされて、それがサポートされたQualcommチップが出て、それから数カ月経って(端末が)出てくるというサイクルでやるんですね。OSのバージョンアップのサイクルに対応して出せるメーカーは、そのサイクルで端末を出してきます。

 端末が出るときのOSと、次にOSをバージョンアップできるまでの期間をみれば、だいたいそのベンダーの開発サイクルが分かる。今後1年くらいトレースしていくと、「ここはトップ集団から3カ月遅れて開発している」「ここはトップ集団で開発している」というのが分かると思うんです。

明日はドコモの発表会、こういうところに注目すると面白いかもしれない。

スマホはPC的で、CPUがどうだとか、クロックがいくつだとか、バージョンがいくつとかが注目されているけど、ガラケーのときにそんなことを気にしていた人は多くはなかったはず。

Symbianか、Linuxかとか、SH-MobileかUniPhierかとか知らない人が大半だし、基本的には発表されてはこなかった。
だから使ってみてこの機種はもっさりだとかサクサクだとか口コミで広がっていた。

個人的にはandroidケータイのOSバージョンは気になるけど、それだってガラケーの時にはバージョンアップなんてなかったんだから、欲しい機能が実装されたら買い換えればいいだけじゃない? 今までだってそうだったじゃんと思うのだが、なんか最近のバージョンアップにこだわる傾向がよくわからない。

ガラケーから移行してしまえば、データの同期なんかは比較的簡単になるんだから、古い機種なんかヤフオクで売ってしまって、常に最新の機種使っていればいいのに。

PCなんかも新しいCPUがでれば買い換えている人もいるし、車だって車検のタイミングで買い換えている人がいる。
でも、一度買ったPCや車を長く使う人もいる。

でも端末メーカーとしては売れてくれなきゃ困るわけで、魅力がある端末をだしてくれればいいんだけどね。

買いたいときが、買い時デース という家電芸人の言葉があるじゃないか(笑)

« 富士急ハイランドに新しいコースター「高飛車」 | トップページ | 圧倒的じゃないか ユニコーンガンダムは »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/51672930

この記事へのトラックバック一覧です: 神尾寿のMobile+Views:「開発サイクルは半分」――ドコモ伊倉氏に聞くスマートフォン時代の“パラダイムシフト”戦略(前編) (1/3) - ITmedia プロフェッショナル モバイル:

« 富士急ハイランドに新しいコースター「高飛車」 | トップページ | 圧倒的じゃないか ユニコーンガンダムは »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ