« 雷と雨 | トップページ | Windows Home Server 2011が4割値下げ、なんと7,800円で予約受付中 »

2011年7月30日 (土)

メールをGmailに完全移行

数年前からプロバイダメールもGmail経由で受信するようにしていて、メールソフトは全く使っていない状態です。
けど過去のメールはメールソフトの中に眠っていて、必要なときには立ち上げて確認していて面倒でした。

秀丸メールを使っていたんだけどメールを得九九ポートし、ThunderbirdでインポートしてからIMAPでGmailで同期すれば・・・と思い続けてはいたけど実行していなかった。

4月から本社の応援でPCを渡された中でメールはThunderbirdだったので、3ヶ月で使い方もわかってきたので重い腰をあげて実行してみました。

今のPC環境を汚したくなかったので。Windows7のXP Modeを使い仮想環境で実行するために、XP Modeを使えるようにして、秀丸メールとThunderbirdをインストール。

まずは秀丸メールで複数のアカウントに複数のフォルダに分散していたメールを全てひとつのアカウントの受信メールにまとめました。
そこからエクスポートで、UNIX MBOX形式(「From」区切り)、現在のメール(でコードされた形の物)をエクスポートする、エンコードする、添付ファイルも出力する、utf-8文字コードで出力する で出力。
出力されたファイルの拡張子は削除します。

次にThunderbirdでインポート。といってもローカルデータの場所にエクスポートしたファイルをおいてからThunderbirdを起動すればOK。

するとローカルデータにメールが保存されるので、今度はそれをIMAPはわに移動なりコピーなりするとGmailとのあいだで自動的に同期をしてくれます。
あとは適当にフィルタリングするなりラベル付けするなりするだけです。

フォルダ毎にやっておけば簡単なのかもしれないけど、なんとなく昔のメールを読み返して懐かしくなりました。
まだ2002年の夏までしか整理していないけど、ちょうど某DW社が給料未払い騒動や、某A社に入社した頃なので読みふけってしまった。あとアクロスのオーナーズクラブが立ち上がったのもこの頃でした。

ちなみに10年分のメールが添付ファイルなども含めて約8MBだったけど、IMAPで同期するのに一晩かかりました。
現在Gmailは全体の 2 %、7609 MB 中 152 MB を使用しています

« 雷と雨 | トップページ | Windows Home Server 2011が4割値下げ、なんと7,800円で予約受付中 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/52342590

この記事へのトラックバック一覧です: メールをGmailに完全移行:

« 雷と雨 | トップページ | Windows Home Server 2011が4割値下げ、なんと7,800円で予約受付中 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ