« GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了 - GIGAZINE | トップページ | 今日は送別会&新年会 »

2013年3月14日 (木)

AngryGPSでP-06D Eluga VのGPSがまともに使えるようになった(追記 2013/10/12)

追記 2013/10/12

最近GPSを使用するアプリを使った直後にGPSが全く動作しない現象をみつけました。

夏頃から発生していることは気がついていたけど、GPSを使いまくることがなかったので実害がなかっただけかもしれない。

必ず起きるというわけではないけど、Googleマップでナビをさせて目的地に到着した後、次の目的地を設定してナビを開始させてもGPSを受信できず、 GPS Status & Toolbox で確認すると各衛星からの電波強度を表示している棒グラフ(signal strength bars)が1本も立たないまま30分以上・・・GPSの軌道データが取得できていない状態なのだろうか?

その状態でステータスバーを下ろしてトグルスイッチのGPSをOFFしてONしたら速攻で灰色棒グラフが表示され、黄色→緑と受信できた。

他によくあるのがfacebookアプリを起動したときにGPSが作動するけど、通常ならすぐに消えるのに位置情報取得中アイコンが点滅したまま残ってしまうことも。

なんかGPSの終了処理か開始処理にバグがあるような気がする。
他メーカーがあまり使っていないTIのOMAPだけど、パナはガラケーの頃からOMAPを使っていたはずだが・・・(一時期UniPhierだったが)

ということで追記はここまで。


追記 2013/5/18

GPSの測位までにかかる時間は短くなったけど、GPSを使ってロギングをするアプリでは使い物にならないようです。
P-06D Eluga VのGPSはやっぱりだめだ」という記事で Endmond を使ってのロギング結果を以前使用していた Xperia mini Pro と比較しています。
ということで追記はここまで。


先日Googleマップで行き先をナビをさせながら歩いてみようと思ったのだが、片道10分弱の一本道でGPSで測位できないまま目的地に到着してしまった。
これじゃぁEndomondoで軌跡がおかしいのは当たり前だ。

GalaxyとかでAngryGPSで対策できたということで試してみた。

apkファイルをインストールするのはリスクがあることを理解できない人はやめておいた方がいいです。
また設定を間違えるとまともにGPS受信ができなくなる可能性もあることを理解した上で、マネする人はあくまでも自己責任でお願いします。
自分の場合はうまく動作したというだけなので、同じ事をやっても環境によってはうまくいかない可能性もありえます。

まずはAngryGPSを入手しなくては始まらないということで、Google playには無いので、xdaでゲットします。

[CM7][OMFGB]Software GPS Fix | V1.5.1 - 9/25/11 | Keep the (GPS) lights on!

Attached Files というところにZIPファイルが4つあるので、Vibrant_CM7_GPSFix_V1.5.1-Script.zip をダウンロードします。

ZIPファイルの中にはファイルが5つあって、必要なのは AngryGPSmod.apk です。
このapkファイルをどうにかしてEluga Vに持っていきます。
PCでダウンロードしてメールで送るなり、USBで送るなり、ESファイルエクスプローラでネットワーク上のPCから取り出すとかして持っていきます。

で、apkファイルををインストールしますが、あえてやり方は書きません。

ただしオーバーレイを使用したアプリが動いているとインストールできない仕様のようです。

インストールをタップしても何も反応がなくて悩んでいたところ、Battery Mixを使っているとインストールがタップできないことが判明、Battery Mixを終了させて無事インストールできました。

詳しくは Android★SQUARE さんの TIPS:なぜオーバーレイを使用したアプリでインストールボタンが押せないか という記事がわかりやすく解説しています。

Battery Mix のアプリ説明にもしっかり書いてありました
※バッテリー残量バーを表示しているときは、セキュリティの観点からMarket外のアプリはインストール出来ません。
(事実と異なる画面表示で不正なアプリをインストールさせないためロックされています。)

さて、無事インストールができたら AngryGPS を起動しきます。

Angrygps_01 AngryGPS が起動するとあっさりとしたメニューが表示されます。
設定をするため、上から4つめの「Settings」をタップします
Angrygps_02 次に「General Settings」をタップします
Angrygps_03

Operation Modeを変更するため「STANDALONE」をタップし、選択画面から「MSBASED」を選びます。

Operation Modeの設定変更はこれだけなので「Settings」へ戻り、次の設定の「SUPL Settings」をタップします。

Operation ModeはGPS座標計算設定のようです。

・STANDALONE:端末本体のGPSのみを使用して座標を検出

・MSBASED:ネット上のGPS補助情報を使用して端末側で座標を検出

・MSASSISTED:ネット上のGPS補助情報を使用し補助サーバ側で座標を検出

・NETWORK PROVIDER:端末のGPS情報を使わずに補助情報や基地局即位のみで座標を検出

GPS関連 - ARROWS Z ISW11FまとめWikiから転載

Angrygps_04

ここでは2つ設定を行います。

まずはServer Typeを変更するため「UMTS SLP」をタップし、「1X PDE 」に変更します。

Angrygps_05_2

次はAGPS Modeを変更するためにスクロールさせて「SUPL」をタップし、「CP+UP」に変更します。

これで変更は完了です。

動作確認のため GPS Status & Toolbox を起動し、GPSからの電波をを捕捉できるところでしばし待つと・・・おおっ! 20秒ほどで測位できた(驚)

今までGPSが使い物にならなくてクソ端末が!\(*`∧´)/ と思っていたので、GPSがまともに測位できるようになって満足です。

と思っていたのもつかの間、昼休み終了間際にバッテリー残量が9%になったので、USBケーブルで充電していたのに夕方になっても赤LEDが点灯しっぱなし。
変だなと思いながら電源キーを押したけど無反応、長押ししても無反応。

しょうがないのでバッテリーを外して電圧を確認したら3.5Vしかない。
USBの充電ケーブルがだめなのかな?と思って通信もできるケーブルに換えて電源を入れたら無事起動。

しばらくそのまま充電してから元の充電ケーブルに戻したけど普通に充電している。
帰宅後Qiで充電してみたけど問題なく充電が出来た。
先月末からバッテリーの減りが早くなったので、もしかしたらバッテリーがへたってきたのかもしれない。ドコモショップに行ったらチェックできるのかな?

20130314_213004

充電しているのにどんどん消費していました、そりゃ起動しなくなるか。
この前も急激にバッテリーを消費していたことがあったけど、なにか裏でCPUを酷使しているのかもしれない。
Battery Mixで稼動プロセスを確認したらアバスト!モバイルセキュリティが32.84%で一番稼動していたらしいのでちょっと怪しいのだけど、今朝5時頃にピークがあったので定期タスクで動いていただけっぽい。

該当時間帯には何もないんだけど、一体何が原因なんだろう?

« GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了 - GIGAZINE | トップページ | 今日は送別会&新年会 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/56955325

この記事へのトラックバック一覧です: AngryGPSでP-06D Eluga VのGPSがまともに使えるようになった(追記 2013/10/12):

« GoogleのRSSリーダー「Googleリーダー」が7月1日でサービス終了 - GIGAZINE | トップページ | 今日は送別会&新年会 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ