« 小泉今日子&薬師丸ひろ子映画特集 をいますぐ視聴 | Hulu | トップページ | Holux M-241のEVOLUTAのバッテリー持続時間(追記:2013/9/28) »

2013年9月22日 (日)

GPSロガー修理 Holux M-241 を修理予定がプチ改造

リンク: GPSロガー修理: imai@i-solation.

バイクで遠出したときの行動記録で使っているGPSロガーの Holux M-241。

P1040966

新品の電池を入れてもなぜか電源が入らないことがあるので、上記リンクを参考にバラしてみた。
WEBで検索してみたら結構そういう不具合が起きているらしい。

まずはこちら側のGPSマークとUPと書かれたところがシールになっているらしい。

P1040967

薄いカッターの刃を使って剥がしてみるとネジが隠れているので取り外します。

P1040968

全部はガス必要も無いだろうということで、ちょこっとだけ剥がしてネジを外した結果です。
意外と厚みのあるシールなので必要最小限で剥がしただけなら剥がしたことがわかりにくいようですが折り曲げちゃダメですよ。

P1040969

GPSのアンテナが隠れていました。
乾電池の蓋を開けた状態で引っ張り出しますが、この辺りで一度引っかかるような感じがあるのですが、そのまま引き出しちゃいます。

P1040970

引っ張り出したらこんな状態。

P1040971

横から見るとこんな感じで、LCD根元のネジ2個を外すだけで基板が取り外せそうです。
GPSアンテナ部はスライドさせれば取り外せます。

P1040972

さて、基板上の接点金具は・・・

P1040973

P1040974
特に異常は無い感じ orz

P1040977edit

異常が見当たらないということは接点の接触不良が考えられるので、基板から線を引っ張り出して乾電池蓋の接点と直結することにしました。
ということで基板側の接点金具と導通があったJ476と書かれている多分コンデンサに線材を半田付け。

P1040981edit

そしてケースに組み込んで乾電池に接する金具にハンダ付けをするところをカッターの裏側を使って削りキズを作ります。

P1040985

傷を付けることでハンダが載りやすくなるので、そこにハンダをのせます。
使用するハンダゴテやハンダの種類にもよるけど、数秒でハンダはのせられます・・・って自分は一応お仕事でハンダゴテを使っていたので、慣れない人には難しいかもしれません。
ちなみに「+」の上側にあるヤニは傷を付けないでハンダを載せたサンプルで、同じくらいの時間ハンダゴテとハンダをあててみたけどハンダはのらなかった。

P1040986edit

きれいにハンダがのったので、ここに線材をハンダ付け。

P1040987edit

えーと、上の写真では金具の接するための穴から通していますが、フタを開け閉めしてみた結果下側のバンドの穴に変更しています。

P1040988

そして動作確認

P1040993

乾電池で動作しています。
が、電圧が1.310Vの乾電池だと電源が入らない orz
単三の電池は公称1.5Vなので0.2Vしかマージンがない?
ものによっては1.7Vくらいあるものもあるけど、ニッケル水素電池だと公称1.2V、使えてはいるけど稼動時間が短いのはこのせいか。

アクロスで使う時にはUSB電源を使えるからあまり問題は無いけど、そのうち電源回路を解析してみるかな?

« 小泉今日子&薬師丸ひろ子映画特集 をいますぐ視聴 | Hulu | トップページ | Holux M-241のEVOLUTAのバッテリー持続時間(追記:2013/9/28) »

ひとりごとの日記コーナー」カテゴリの記事

コメント

私は、m-241c (緑色タイプ)を愛用しています。何かの拍子に車の中で落としました。
それからと頻繁に電源が切れる様な症状が発生(液晶が点滅するように成りました)
SWを入れ直すと復帰しますが、如何やらすると、又再発 振動、ショック、扱いが酷いとかで、
電池消耗状態と違う様です。それで中身を確認したいが、分解方法が不明、強引でも駄目だし、壊しても駄目だし、
ネットで調べました、このサイトを発見、もっと早く調べれば、今から思えば。
もともと、電池関係の接触不良でないかとは、思っていましたが、この現象は多々有るみたいですね。
そこで、分解しみました。アラ簡単ですね。そこで電池の接続箇所を全てハンダで表面を覆いました。
これなら、接触不良は、発生しないだろう、組み込み前に電池セットして、SWを入れ作動確認もちろんOKです。
が、振動を与えると、同じ現象が発生しました。あら原因が他に有るんだと思いました。残るはSWしか有りませんね。
で、SWをかすかに(0.1mm以下)OFF側に動かすと、現象が再現しました。何回も試しましたが同じ現象でした。
答え。SWのOFFからONへ移動させONの範囲が狭いので振動、ショック、何らかの影響で、
位置がズレた場合接触不良を起こす事を確認しました。ON側に0.1mm動かせば復帰し正常に作動します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/58245795

この記事へのトラックバック一覧です: GPSロガー修理 Holux M-241 を修理予定がプチ改造:

» M-241の状況整理 [真琴のダイアログ::Makotos Diary Blog]
[続きを読む]

« 小泉今日子&薬師丸ひろ子映画特集 をいますぐ視聴 | Hulu | トップページ | Holux M-241のEVOLUTAのバッテリー持続時間(追記:2013/9/28) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ