« てんやの「播磨灘産 かき天丼」を食べてみた | トップページ | 「S660 CONCEPT」いいなぁ »

2013年10月23日 (水)

長時間労働はどうすればなくせるか (プレジデント) - Yahoo!ニュース BUSINESS

リンク: 長時間労働はどうすればなくせるか (プレジデント) - Yahoo!ニュース BUSINESS.

長時間労働が起こる要因を整理すると、本人の自発的意思に基づいた「自発的」長時間労働と、「非自発的」長時間労働に分けられ、この区別が労働時間の問題を考えるうえで重要です。

 自発的長時間労働の要因としてまず挙げられるのは、仕事中毒です。純粋に仕事が好きで本人が喜んで長時間労働を選択している状況ですが、アルコール中毒と同様、健康に害があるとわかっていてもやめられない側面があります。

 第2の自発的要因は、金銭的インセンティブです。これは時間外労働を増やすことで、自分の所得を増やそうとするものです。

 第3の自発的要因は、出世願望です。長時間労働は自分の時間を企業や仕事に捧げるという意味で、所属組織に対する忠誠心を示すシグナルの役割を果たすのです。

 そして第4、第5の要因が人的資本の回収とプロフェッショナリズムです。前者は医師や弁護士のように資格取得や教育訓練に多大なコストを支払った場合、それに見合ったリターンを得ようとするインセンティブが働き、後者はプロ意識から長時間労働を厭わず一定水準以上の仕事をしようとすることで労働時間が長くなります。

その昔・・・20代の頃は某社のお仕事で年間残業時間が1000h超えなんてしていた。
某社の社長直轄プロジェクトだったけど、無茶なスケジュールでトラブルなく進めても間に合わないから当然残業&休日出勤。
まだ緩い時代だったから30日間休むことなく、毎朝9時出社、22時まで某社で業務、22時以降は自社に戻って回路図CAD入力を朝5時までやって帰宅して1時間半睡眠・・・うん、若かったから出来たチカラ技。

そういう意味では第5の要因があてはまる。
おまけで結果的にはボーナスよりも毎月の賃金の方が多く、一応働いた分はきちんと残業代を払ってくれていたのでサービス残業はしていなかった。

今は裁量性なんて都合の良い言葉で規定残業時間分を含んだ賃金なので、早く業務を終わらせれば時間単価は上がるはずなのに都合良くはいかないもので・・・早く終わらせれば次の仕事が舞い込むだけなんだなぁ~ (>o<)

« てんやの「播磨灘産 かき天丼」を食べてみた | トップページ | 「S660 CONCEPT」いいなぁ »

ひとりごとの日記コーナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/58436464

この記事へのトラックバック一覧です: 長時間労働はどうすればなくせるか (プレジデント) - Yahoo!ニュース BUSINESS:

« てんやの「播磨灘産 かき天丼」を食べてみた | トップページ | 「S660 CONCEPT」いいなぁ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ