« 今日は法事 | トップページ | また「■重要■NTTdocomoをご利用のお客様へ」なんて迷惑メールが来た »

2013年11月17日 (日)

私的録音録画補償金の問題点とは?権利保有者が「補償金ゼロ」を目指すべき理由(本田 雅一) - 個人 - Yahoo!ニュース

リンク: 私的録音録画補償金の問題点とは?権利保有者が「補償金ゼロ」を目指すべき理由(本田 雅一) - 個人 - Yahoo!ニュース.

私的録音なんてする必要がないのであればしないのだが、購入したCDを持ち歩いて聴くのはこのご時世現実的ではないので、リッピングしてiPodにいれたりケータイに入れたりして聴いている。
でもそれはきちんと正規ルートで購入したCDであっても、レンタルしてきたCDであっても関係なく機器に対して補償金を取るというのは横暴。

カセットテープでもそうだったけど、音楽ではなく生録をする人だったら関係がないのに支払わされるのはおかしいでしょ。

何のための補償金なのかは関係がなくて金を取ることしか考えていないだけ。
そもそも音楽という文化をきちんと育ててこなかったのも原因で、売り上げが落ちてきたから取れるところからとろうと言うだけにしか見えない。

もっと音楽というモノを広めていく方向へもっていかないと衰退するのではないだろうか。

« 今日は法事 | トップページ | また「■重要■NTTdocomoをご利用のお客様へ」なんて迷惑メールが来た »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/58592880

この記事へのトラックバック一覧です: 私的録音録画補償金の問題点とは?権利保有者が「補償金ゼロ」を目指すべき理由(本田 雅一) - 個人 - Yahoo!ニュース:

« 今日は法事 | トップページ | また「■重要■NTTdocomoをご利用のお客様へ」なんて迷惑メールが来た »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ