« EaseUS Todo Backup Workstation 10.0を使ってみた(仮想PCアクセス編) | トップページ | アクロス2号機ご臨終 »

2017年1月30日 (月)

EaseUS Todo Backup Workstation 10.0を使ってみた(クローン編)

EaseUS社の『Todo Backup Workstation 10.0』を試用する機会を得たのでちょこちょこっと書いてます。

さて、年始にHP Elitebook 2540pを入手しました。で、こいつにNEC VersaProのWindows10 Insider Program環境をTodo Backup Workstation 10.0のシステム移行で移そうと試みたのですが・・・2540pはDell Latitude D430で使用していたmSATA 60GBを入れたので容量が少なくなってしまいシステム移行ができないことが発覚。

しょうがないのでクローン機能を使ってオリジナルのHDDからWindows10Proを移行しました。といってもオリジナルのHDDはmicroSATAなので取り外してしまうと接続できないため、一度別のHDD(80GB)にクローンし、そこからmicroSATAをmSATAに変換する基板を使用したSSD(60GB)にクローンしました。

ここで使用するのはEaseUS Todo Backup Workstation 10.0インストール時に作成したWinPE、これをUSBメモリから起動できるようにRufusでブータブルUSBメモリとして作成して起動。

20170129_210600

ソースとターゲットを指定して

20170129_210712

確認メッセージ

20170129_210731

クローン開始

20170129_210908

1時間20分後完了

20170129_223219

純正HDDを変換基板有りのSSDに付け替えて再度WinPE(Todo Backup)で起動してクローンするためソースとターゲットを指定

20170129_223910

同じことを繰り返して今度は1時間5分で完了

20170129_235810

SSDの最適化オプションがないのが気になったけどクローン先のSSDで今この記事を書いているのでとりあえず大丈夫そうです。

1.8インチHDDはめちゃくちゃ遅かったけどSSD化で快適になりました。

VersaProの4GBx2を2540pに移植すればお払い箱だけど2540pはキーボード側のメモリ交換にトルクスT8が必要らしいのでダイソーで買ってこないと。

あとAliで注文したDVDドライブ部に2.5インチSSDを入れるケースが届けば容量の不安もなくなるので、そっちにシステム移行を試してみよう。

« EaseUS Todo Backup Workstation 10.0を使ってみた(仮想PCアクセス編) | トップページ | アクロス2号機ご臨終 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162554/64826924

この記事へのトラックバック一覧です: EaseUS Todo Backup Workstation 10.0を使ってみた(クローン編):

« EaseUS Todo Backup Workstation 10.0を使ってみた(仮想PCアクセス編) | トップページ | アクロス2号機ご臨終 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ